振り返れば奴がいる

このところ、三谷幸喜脚本のTVドラマ、振り返れば奴がいるに変にはまっとります。
このドラマ、織田裕二が演じる腕は立つが人でなしの司馬先生と、石黒賢の正義感あふれる石川先生との対峙を主軸に、鹿賀丈史演じる司馬に弱みを握られてグダグダになってしまっている外科部長、過去に司馬と付き合っていて、同じ病院に勤務する女医、千堂あきほ、石川に恋心を抱くが司馬にレイプまがいに襲われたりする研修医に松下由樹などなど、患者としても従業員としても絶対係わり合い持ちたくない病院を舞台に、下世話な人間関係と少々の医者とは何かを描いてます。
振り返れば奴がいる
前半、織田裕二の司馬先生のイヤなヤツっぷりと石黒賢の石川先生のいい人っぷりと対立がたっぷりと描かれたあと中盤から急展開、石川の進行性胃ガン発覚、司馬と外科部長、医療器具メーカーとの癒着、金と権力とそれぞれの思惑の元、腹の探りあいがどろどろと展開。そして絶妙なタイミングで流れるチャゲ&飛鳥のYAH YAH YAH。現実的にこういうのは反吐が出るほど嫌いだけど、最後まで観てみれば案の定、石川先生は術後急変で死亡、司馬先生は帰宅途中に昔の部下に刺される、という終わり方。過剰にドラマで楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です