桜の花の咲く頃に

桜の花の咲く頃に
桜の花の咲く頃に フジテレビ
帰宅後テレビつけたらやってて見入ってしまう。北海道は別海町という町に唯一の高校に通う3年生にスポットを当て、厳しい自然と生活の情景の中、卒業、旅立ちまでの1年間を映したドキュメンタリー。この番組のプロデューサー横山隆晴氏は「白線流し」「小さな留学生」「ドキュメンタリー北の国から」なども手掛けた方で、このドキュメンタリーの為に住民票を別海町に移して取材を行ったとか。とにもかくにも印象的だったのは、都市部に暮らす人々ならとうの昔に忘れてしまったであろう、当たり前のように親を手伝い純粋に自分の夢のために生きている彼らのまっすぐさ。こういう生き方をしている若者がまだいるということが良い意味でショックだった。ちゃんと最初から見たかったなー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です