歯医者その4

またまた前回に引き続き、歯石除去周り。今回も前回と同じ機械で一通りガリガリ後、先生のチェックにより、奥歯の歯槽膿漏が発覚。このまま何もせず放置すれば、2、3年で抜かないといけなくなってしまいます、と。歯槽膿漏ってばお年寄りの病気かとばかり思ってたので、ショックで思わず「えっ!」と言ってしまう。
先生によれば、歯磨きで取りきれなかった食べ物等が歯茎と歯の間に残ってそれが細菌を呼び骨を溶かしていくので、まず丁寧に歯を磨いて、且つ歯間ブラシで歯と歯の間の隙間の汚れを取り、更に歯茎を引き締めるうがい薬ですすげ、とのこと。歯茎が引き締まってくれば歯磨きでの出血や食べ物が挟まること自体が無くなり、良い循環になるらしい。歯間ブラシの使い方を丁寧に教わり2週間後に再診。しかし・・あぁショック。
歯槽膿漏とは 大倉歯科医院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です